正社員と契約社員の扱いの違い

正社員と契約社員の扱いの違い

近年正社員での採用には企業側も警戒してしまう風潮があります。
一昔前の新ぶら下がり社員と言われる社員の存在も大きな原因の一つと考えられます。
これは、無理に働くことを嫌い、しかし退職をする事もなくそのまま在籍し続ける社員の事です。
このような存在は近年非常に増えてきており、企業側にとっても警戒の種となっています。


そんな中企業側の雇用形態も多様化しています。

正社員にもその形態を分け、総合職や専任職、限定色などに分け、さらに期間限定や無期の契約社員、派遣社員という風にその労働形態の数は過去最多と言えます。

この雇用形態には大きな格差が存在する事が多く、契約社員には総合職のような賞与や退職金制度がない事が多いのです。しかし、本来総合職として採用されるには非常に難しい職種なども、契約社員採用であれば比較的簡単な面接だけで経験する事ができます。
これは自らの経験を積み重ねるだけでなく、次回の転職の際に履歴書に記載する事ができます。

特に顕著な業種はエンジニアなどの理系の業種です。

エンジニアの採用をいきなり総合職で採用されるには比較的上位の大学を卒業し、新卒もしくは第二新卒などで採用される事が定番となっています。

それ以外の中途採用では経験や資格などを必要とする事がおおいため、人気な上に困難な職種となります。

しかし、契約社員の場合、雑用に近い仕事から本格的なエンジニアの仕事まで経験ができるため、そのまま総合職に登用されるか別の会社にエンジニア経験者として採用される上で優位になります。

一見不利な状況であってもスキル向上や、将来の夢に向かう人にとっては非常に便利な採用方法よ言えます。

追加になりますが、契約社員は総合職と同じく労働組合に加入する事が多いため、労働期間中は安心して働く事ができます。

http://www.aromakankyo.or.jp/job/list/
http://www.naganokenyaku.or.jp/index.php
https://www.youtube.com/watch?v=vjSbe6g7svs



埼玉の薬剤師の求人の有益情報にあふれているサイトです。

あなたにオススメの保育園の派遣ならお任せください。

タクシードライバーの求人がどんなものかご存知ですか。

一つ上の東京の障害者の求人に関して悩んだら、是非お試し下さい。

Copyright (C) 2015 正社員と契約社員の扱いの違い All Rights Reserved.